hanakoの香港日記

大好きな香港に住み始めて3年が経ちました。日々のあれこれを綴っていきます。

興味深い新聞記事 朝ごはんinオフィスはダメ?! 香港人の意見は…

こんばんは~

 

最近こんな新聞記事を見つけました。

 

始業時間後に会社で朝ごはんを食べることの是非」

が焦点になったものです。

 

こういうことが話題になるって、日本では無いですよね💦笑

 

私も、以前働いていた香港の会社では、

朝ごはんを会社に持ってきて デスクでもぐもぐしている香港人同僚を

何度も目撃してきました。

 

最初見たときは、

わ!これが噂の!👀」

デスクで朝食食べながら仕事スタートするって本当だったんだ(*_*;…

ついにホンモノを見れたかー!🎊✨」

と、思ったりしました。笑

 

f:id:manmaru_hanako:20181111203141j:plain

オフィスで朝食禁止は厳しすぎ?!

記事によりますと、

会社側が「オフィスでの朝食を禁止」とする理由は、

「始業時間を過ぎて朝食を食べながら仕事をすると、仕事にムラが出る」などとあります。

 

そりゃ当然ですよね。。。👓

 

これに対し香港人の反応は、

 

9時が始業時間だけど、9時半くらいまで朝食をだらだらと食べて、

その間はネットサーフィンしてたりする人もいる

 

うちの会社は週に2回は朝食OKの日が設けられていて、その朝食代は会社が負担してくれる

 

もし朝ごはんを会社で食べたいなら、始業時間前までに済ませるべきだ

 

私の会社は8:55を過ぎてもまだご飯を食べてたら、捕まえられる…怒られる

 

など様々。

 

でもたぶん、「始業時間後も朝食OK派」が多数を占めるんじゃないかな?

と、個人的には思ってます。

 

f:id:manmaru_hanako:20181111211003j:plain

色んな意見がありますね

 

始業時間過ぎてるのに仕事よりも朝ごはんを優先するという発想は、

日本人でありずっと日本で生活してきた私にはなかなか理解が難しいなぁー。笑

 

・・・ということで、香港人のお友達に聞いてみました♪♪

 

私:「この記事読んだんだけどさ。この考え、日本ではないから面白い。なんで会社で朝食食べるの??」

 

友達:「あ~。香港は渋滞が多いからね!渋滞につかまると、朝食を食べる時間を逃したりするから。」

 

 

ん???👀💦

 

 

『渋滞を見込んで早めに家を出るという発想はないのか??💦』

『というか、家で食べてから出勤すればいいじゃないか!』

 

と、内心ツッコミどころが満載。。。笑

文化の違いだから仕方ないのでしょうが。

それとも本当に時間が全く読めないほどの渋滞なのか…???

 

 

このテーマについてインタビューを受けた嶺南大学の林敬新教授は、

 

・会社の規模が小さく、同僚が一人二人くらいの場合は、

 デスクで朝ごはんを食べても大した問題にはならないであろう。

 

・カスタマーセンターあるいは、社員数が数十名を超えるオフィスの場合は、

 オフィスで朝食を食べながら仕事をすることにより

 朝食のにおいが社内に充満し、

 仕事に影響が出るうえ衛生的にもよろしくない。

 

と、コメントされています。

 

f:id:manmaru_hanako:20181111204231j:plain

このテーマについて専門家に意見を求めるのもおもしろいなぁ

 

私も、家で朝食を食べる時間または茶餐廳に寄る時間がないときは、

出勤途中でパンを買ってきてオフィスで食べたりしたこともありますが、

当然ですが始業時間前までに食べ終えてました。

 

朝ごはんinオフィス問題、

特段批判するつもりはないですが、

それほど香港人にとって朝ごはんは重要✨ということなんですよね、きっと。

 

たしかに、朝ごはん抜きで仕事スタートしている人って、

日本より圧倒的に少ない気がします。

夜ごはんも同様に。

どんなに仕事が遅くなっても、夜ご飯もきちんと食べる香港人。

さらには夜食まで・・・💦

 

消化機能の高さに驚かされます。笑

 

私だったら、夜遅くなったときに、普通の夕食時と一緒の量の食事したら、

翌朝胃が痛くて大変なことになります。。

 

f:id:manmaru_hanako:20181111212113j:plain

↑ 全文


また興味深い記事があったら、、ピックアップします~♪

 

それでは。

 

☀本日も最後までお読みいただきありがとうございました☀

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです☺ 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村