hanakoの香港日記

大好きな香港に住み始めて3年が経ちました。日々のあれこれを綴っていきます。

荃灣から青衣を歩いてみた!「青荃橋」海の景色が好きな方にはおすすめ

こんにちは。

 

先日、Tsuen Wanの「The Mills」というアートモールに行きましたが、

荃灣から青衣までは歩いて行ける

と聞いたことがあったので、ついでに試してみました!

 

ちなみに、荃灣から青衣は、MTRを使うと下記のような乗り換えルートで16分かかります。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419193832j:plain

 

あれ…?MTR使ってもそんなに遠くないや。

もしや歩いたほうが時間かかるのでは。。。

 

という疑問をもちつつも、

とりあえず試してみることに。

 

 

ルート的にはこのGoogleMapのような感じです!

荃灣西駅からスタートしたほうが良いです。

 

 

青衣まで行くのには、海があるので、橋を渡っていくのですが、

この橋が超隠れたところにあります。

看板すら出ていない💦

 

 

ココです。

f:id:manmaru_hanako:20190419194750j:plain

 

f:id:manmaru_hanako:20190419194917j:plain

赤丸のところ

 

目印は、「東記潮州城粉麵」というお店です。

この店の向かいに入り口がありました。

 

東記潮州城粉麵

東記潮州城粉麵 – 香港荃灣的潮州菜粉麵/米線 | OpenRice 香港開飯喇

 

看板も何もありませんが、さきほどの階段を上がります。

上がり切ったら、右を向きましょう。

(左は行き止まりになってるので迷いません)

するとこんな道路が見えます。

f:id:manmaru_hanako:20190419195808j:plain

 

この道をひたすらまっすぐです!

 

f:id:manmaru_hanako:20190419200007j:plain

 

f:id:manmaru_hanako:20190419200044j:plain

間もなく右手側にはこんな景色が

f:id:manmaru_hanako:20190419200152j:plain

左側にあった壁がなくなり、見通しがよくなりました

f:id:manmaru_hanako:20190419200244j:plain

わー 海だ

橋の柵の間から海を一望できます。

ちょっと背伸びして、カメラのシャッターを切ると、海が撮れました📷

この景色を右手側にし、ひきつづき進みます。

 

この日は結構な雨でした☔(;_;)

 

すると間もなく、

f:id:manmaru_hanako:20190419200448j:plain

見えてきました「青衣城」

f:id:manmaru_hanako:20190419200534j:plain

お、もうすぐじゃん♪

 

あの橋の入口からは本当にすぐです。

10分もかかりません。7分くらいかな?

ショッピングモール(青衣城)も見えてひと安心!

 

しかし、この道路、ここでは降りれない…(涙)。

青衣城または、バス停に行くには、更に橋を進まないと辿りつかないのです(笑)。

 

ということで

更に更に奥へと進みます👟👟

 

5分以上歩いたところでようやく橋の終わりが見えてきました。

 

ふ~。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419201033j:plain

青い道路標識があります

 

今度は、この青の標識に沿って右に曲がり、階段を下りていきます。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419201203j:plain

 

そうすると、集合住宅の敷地内に入ります。

 

一瞬迷いましたが、

橋に沿って(今歩いてきた道を戻る方向)うねうね歩いていくと、黄色っぽい手すりがついた階段が出てきますので、がんばりましょう。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419201358j:plain

階段

それを上がっていき、道なりに進むと、

 

f:id:manmaru_hanako:20190419201454j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190419201516j:plain

着いた!

 

ようやく青衣城ショッピングモールの入口に着きました!

 

青荃橋を歩き始めてから青衣城が見えるまでは結構すぐだったので、「楽勝じゃないか✨」と思いましたが、その先が長かった…(笑)。

 

がっかりしたので、尚更長く感じたのかもしれません。

 

 

まとめますと、

 

【荃灣西駅 ⇒ 青荃橋の入口】

☆10分くらい

 

【青荃橋 ⇒ ショッピングモール(青衣城)が見えるまで】

☆7分くらい(もっと短いかも)

 

【青衣城が見えてから ⇒ 青衣城入口】

☆15分~20分くらい(あまり確かに覚えてない)

 

 

トータル30~40分くらいでした。

 

迷わずスラーっと歩けたら、もっと早いかもしれません!

 

これで、MTR代がちょっと浮きました(笑)。

(荃灣西駅から青衣までは5.5ドルです)

 

 

目の保養と運動不足解消にぜひ。

 

 

☀本日も最後までお読みいただきありがとうございました☀

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです☺ 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村  

 

 

 

 

昔の香港の暮らしがみれる 美荷樓生活館 ④

今日も昨日につづき、美荷樓生活館。

 

【1990年代】

十字型の和諧(ハーモニー?)デザインが、

私樓の造りに似て高級チックな感じがするということで人気になりました。

キッチンや壁、階段部分などをあらかじめ工場で作り、それを組み立てて家にしていく

スタイルで、建築スピードもアップしたようです。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419161234j:plain

1990年代

f:id:manmaru_hanako:20190419161310j:plain

1990年代

f:id:manmaru_hanako:20190419161341j:plain

1990年代

 

【2000年~】 

単身者用と、家庭用の2種類の部屋の造りができました。

高齢者や障害のある方にもやさしい「通用設計」というのを取り入れてるようです。

 

個人的に、最近の公屋は、カラフルな建物も出てきたなという印象があります。

白が基調ですが、部分的に黄緑とか黄色とかを使ってて。ポップな感じ。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419164125j:plain

2000年~

f:id:manmaru_hanako:20190419164652j:plain

2000年~

f:id:manmaru_hanako:20190419164720j:plain

2000年~

 

 -END-

 

 

1950年代の家の様子の動画、みつけました✨

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

香港は家不足と言われてますが、もう100年以上前からそんな状態だったのですね。

この先どうなるのかな。

 

 

☀本日も最後までお読みいただきありがとうございました☀

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです☺ 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村  

 

The Mills 南豐紗廠 香港・荃灣のアートモール?

こんばんは。

 

つい最近、荃灣にある 

The Mills 南豐紗廠 

というところに行ってきました。

 

PMQを彷彿とさせるようなアートな感じの場所でした。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419190004j:plain

The Mills 

f:id:manmaru_hanako:20190419190633j:plain


昔紡績工場だった建物をリノベしたんですね。

 

場所は、

荃灣白田壩街45號

10:00~22:00

 

 

 

f:id:manmaru_hanako:20190419190716j:plain

外観

f:id:manmaru_hanako:20190419190800j:plain

 

目立つような建物じゃないので、私はちょっと見過ごしてしまいました。

 

ちょっとだけPMQの雰囲気が(笑)。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419191000j:plain

 

奥のほうに進むと、

壁アートが施された場所があり、

みんな写真を撮ったりしていました。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419191146j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190419191228j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190419191249j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190419191309j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190419191332j:plain

 

施設の中には、飲食店がちょこっと。あとは、雑貨屋さんが少し入っていました。

 

写真撮影に一生懸命な若者も多かったです。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419191612j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190419191636j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190419191708j:plain

ここ気になったけど開いてなかった!

f:id:manmaru_hanako:20190419191748j:plain

トイレ表示がお洒落

f:id:manmaru_hanako:20190419191825j:plain

工場として営業していたころの写真

f:id:manmaru_hanako:20190419191901j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190419191927j:plain

柱に残る当時の文字

f:id:manmaru_hanako:20190419192000j:plain

正面から入るとこんな感じでした

 

写真好きな人にはいいかもしれないですね。

工場時代の古い部分と、リノベされたあとの新しい部分とが混ざっています。

 

☆HP

http://www.themills.com.hk/

 

☆2階の施設では手作りの作品をつくる教室も開催してるみたいですね。

https://www.mill6chat.org/zh-hant/co-learn/current-upcoming

 

 

イースター、何しようか迷ってる方は、

お散歩に行ってみても良いかもしれません。

 

 

 

☀本日も最後までお読みいただきありがとうございました☀

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです☺ 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村  

 

昔の香港の暮らしがみれる 美荷樓生活館 ③

今日も美荷樓生活館の続きです!

 

部屋の展示が終わると、

最後は香港の公屋の年表がありました。

 

これ、もっとじっくり読みたかったのですが、

ちょくちょく観光客がやってきたのでその場で熟読するわけにもいかず、

パシャパシャ撮って続きは家で読むことにしました。

 

日本人の方々(ツアーなのかな?通訳ガイドさんと一緒でした)もいましたよ~。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419131809j:plain

1950~2000年代までの年表

 

【1950年代】

上から見るとアルファベットのHになってる「H型」。

6~7階建てで、一つのフロアには60~72個の部屋があり、

一部屋120スクエアフィート!!そこに4~5人で暮らしていたそうです。

ひぇ~(+_+)

このころはトイレなどの衛生施設は共同。

 

日本の1950年代の家ってどんな感じだったんだろう?比較してみたいです。

f:id:manmaru_hanako:20190419132644j:plain

1950年代

 

【1960年代】

1960年代になると、高さも増え、最高16階のものも出てきたそうです。

この当時の公屋は、「蘇屋邨」「慈民邨」など(今はもう改築してもっと高層になってたり、一部の棟は安全上の理由で解体されちゃったりしてます)。

H型から、I型や、E型に変化し、独立したトイレやエレベーターもこのころから始まったみたいです。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419133655j:plain

1960年代

f:id:manmaru_hanako:20190419133730j:plain

1960年代

f:id:manmaru_hanako:20190419133806j:plain

1960年代

 

 

【1970年代】

公屋の形が段々変わってきます。真ん中に穴が空いた四角い筒みたいな形「雙塔式」も70年代から登場。また、Hの字の片方を短くした「工字型」や、それを二つ組み合わせた「雙工型」、漢数字の十にみえる「十字型」なども登場しました。高さも30階建てに。

エアコンが部屋に備わったのもこのころだそうです。

それまではエアコンなかったということか!

この香港で… 暑かったでしょうね💦

 

f:id:manmaru_hanako:20190419134635j:plain

1970年代

f:id:manmaru_hanako:20190419134707j:plain

1970年代

f:id:manmaru_hanako:20190419134738j:plain

1970年代

f:id:manmaru_hanako:20190419134905j:plain

1970年代

 

【1980年代】

「Y字型」や「相連長型」(横に長いのが何棟もあるような)が登場。

Y字型は、新市鎮と呼ばれる場所に主に建てられました。

新市鎮… ニュータウン?みたいな表現がいいかな…。都市からちょっと離れてるような場所。沙田、荃灣、將軍澳のような地域です。今はいっぱい住宅ありますね。

相連長型は、斜めっている山のところに主に建てられたそうです。

 

f:id:manmaru_hanako:20190419140244j:plain

1980年代

f:id:manmaru_hanako:20190419140311j:plain

1980年代

f:id:manmaru_hanako:20190419140334j:plain

1980年代

 

今日はここまでにします。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

☀本日も最後までお読みいただきありがとうございました☀

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです☺ 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村  

 

 

昔の香港の暮らしがみれる 美荷樓生活館 ②

今日は「美荷樓生活館」の1階部分の紹介です♪

 

1950~1970年代の公屋の暮らしを知ることができます。

 部屋は、奥に長い造りだったみたいです。

 

f:id:manmaru_hanako:20190416231623j:plain

1階MAP

 

この、奥に長い部屋の真ん中を通路にして、当時の暮らしが展示されてます。

 

f:id:manmaru_hanako:20190416230405j:plain

展示通路

 

f:id:manmaru_hanako:20190416230650j:plain

当時の写真✨

キッチンは廊下に設置されていたなんて、すごく不思議な作りだな。

 

f:id:manmaru_hanako:20190416231051j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190416231021j:plain

 

f:id:manmaru_hanako:20190416230854j:plain

トイレは共同

f:id:manmaru_hanako:20190416230936j:plain

WOW

 

 

f:id:manmaru_hanako:20190416231251j:plain

お店も入っていたようです

 

1970年になると、こんな感じ。

一部屋4~5人ってことは、このベッドの各段に2人くらいずつ寝ていたのか。

ギチギチだな。

f:id:manmaru_hanako:20190416232421j:plain

f:id:manmaru_hanako:20190416232450j:plain

 ↑ テレビもありますね📺

 

 

 

f:id:manmaru_hanako:20190416232813j:plain

 

1980年代は、奥に長いデザインとはまた違って、L字型の部屋が登場。

改築されたんですね。

9人で住めると書かれてますが・・・

狭そう。

 

f:id:manmaru_hanako:20190416233101j:plain

ベッド多いなー!

f:id:manmaru_hanako:20190416233135j:plain

一段に二人!

f:id:manmaru_hanako:20190416233213j:plain

レトロ

f:id:manmaru_hanako:20190416233253j:plain

麻雀テーブルがあります

f:id:manmaru_hanako:20190416233408j:plain

部屋にトイレが。黒電話もあります。

 

今日はここまで。

 

 

☀本日も最後までお読みいただきありがとうございました☀

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです☺ 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村  

 

昔の香港の暮らしがみれる 美荷樓生活館 ①

こんにちは。

 

旧正月前の話ですが、美荷樓生活館」に行ってきました✨

 

ずっと、行きたいなと思っていたのに、

ずっと行ってなかった場所。

 

この博物館では、

昔の「公屋」はどんな感じだったか、人々がどんな部屋に住んでどんな暮らしをしていたのかを見ることができます♪

 

f:id:manmaru_hanako:20190416222748j:plain

 

f:id:manmaru_hanako:20190416223003j:plain

 

アクセスは

深水埗駅または石硤尾駅から歩いていけます。

深水埗駅からだとこういう感じ。(D2出口)

 

 私は方向感覚がなく、迷いながら行ったので10分くらいかかった気が。

 

f:id:manmaru_hanako:20190416223256j:plain

9:30~17:00まで(月曜定休)

 

f:id:manmaru_hanako:20190416223357j:plain

わかりにくい入口

 

入口入ってすぐのグランドフロアは、パネル展示が中心です。 

 

 

 

f:id:manmaru_hanako:20190416223624j:plain

 

f:id:manmaru_hanako:20190416223712j:plain

 

昔の香港、いいなぁ。

子供たちもいい笑顔!

よくこんな写真が残っていたもんだ。

 

隣近所が仲良しで、まるで家族みたいで、

困ったことがあったらお互いに協力しあって生きていたんだろうな。

人と人との距離が近かっただろうな。

 

 

今の時代は、

なんだかみんなスマホにくぎ付けで、

周りで何が起きているかもわからないで、

他人に無関心な人が増えてると感じます。

 

子供と一緒にいるのに、自分は携帯ゲームに夢中な親もいるし。

せっかく家族や友達といるのに、自撮りばっかりしてる人もいるし。

うわべだけの愛情や友情が多いように思うなぁ。

 

f:id:manmaru_hanako:20190416223743j:plain

こども用のおもちゃ

f:id:manmaru_hanako:20190416224043j:plain

昔の本

f:id:manmaru_hanako:20190416225855j:plain

1950年代の公屋は「H型」

 

1950年代の公屋は、

上から見るとアルファベットの「H」になっている「H型」

6~7階立てで、一つのフロアに60~72部屋があったらしいです。

驚いたのは、1部屋120スクエアフィートほどで、そこに4~5人が生活してたとのこと!!

 

👀💦

 

f:id:manmaru_hanako:20190416225812j:plain

萌え♡

 

さあ、パネルを見終わったら、

1階へ行きましょう♪

 

f:id:manmaru_hanako:20190416224313j:plain

 

つづきは、

次のブログで!

 

 

 

☀本日も最後までお読みいただきありがとうございました☀

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです☺ 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村  

 

サンミゲル 地域限定デザイン缶 香港

こんばんは。

 

去年のキャンペーンだと思いますが、

フィリピン生まれのビール「サンミゲル」が

香港登場70周年を迎えたのにあたり、

限定デザイン缶が販売されました。

 

www.facebook.com

 

そんな限定デザイン缶を最近発見したのでアップします🍺

 

全然ホットな話題じゃないですが。。。

 

f:id:manmaru_hanako:20190416221840j:plain

とりあえず4種類発見

中西区

離島

荃灣区

黄大仙区

 

それぞれの代表スポットが描かれています。

 

裏はこんな感じ。

 

f:id:manmaru_hanako:20190416222113j:plain

 

f:id:manmaru_hanako:20190416222154j:plain

説明つき

 

しかし、

買っておいてなんですが、

私ビールあんまり好きじゃありません。笑

 

 

誰かにあげようっと・・・。

 

 

 

☀本日も最後までお読みいただきありがとうございました☀

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです☺ 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村