hanakoの香港日記

大好きな香港に住み始めて3年が経ちました。日々のあれこれを綴っていきます。

冷房の交換in香港 文化の違いにいろいろびっくり

こんにちは。

 

少し前のことですが、

あなたの部屋の冷房の水が道路にポタポタ落ちてきてるわよ!

との苦情をいただき、冷房を交換することになりました。

 

香港は、冷房の水がポタポタ落ちると、訴えられます。

 

ということで、大家さんに連絡し、師傅(シーフー)を呼んでもらいました。

 

いろいろ文化の違いによる衝撃を受けた一日でした😢

 

<衝撃①>

師傅が靴のままズカズカと絨毯の上を歩く。

 

日本だったら、修理屋さんは靴を脱いで家にあがりますよね?

しかし香港は違いました。

誰が見ても部屋の中に絨毯(といえるほど大きな面積じゃないですが)が敷いてあるとわかる状況にもかかわらず、何も気にせず土足で入ってきました。笑

「靴脱いでもらってもいいですか?」

と聞きましたが、安全のために履く、とのこと。

 

・・・諦めました。涙

 

さ。冷房交換始まりました。

 

まずは古い冷房をポカっとはずし、、、

 

f:id:manmaru_hanako:20181030220649j:plain

 

さらに外側に突き出ているカバーらしきものも外し、

 

f:id:manmaru_hanako:20181030220746j:plain

 

眺めがよくなったところで、新しい冷房をセットします。

 

しかし。

 

衝撃②

ランプに穴が。

 

トンカンやってる途中で、部屋の角においてたランプに師傅がぶつかり、

紙部分に穴が開いてしまいました。

 

 

f:id:manmaru_hanako:20181030221139j:plain

 

これは最初からよけておかなかった私にも責任がある。。。😢

 

ということでこれも諦めました。

 

新しい冷房は、男性二人がかりで、よいしょ~!

 

f:id:manmaru_hanako:20181030221005j:plain

f:id:manmaru_hanako:20181030221045j:plain

 

はめ込んだあと、

外と家との隙間を特殊な糊みたいなもので埋めていきます。

 

f:id:manmaru_hanako:20181030221327j:plain

 

完成しました~

 

f:id:manmaru_hanako:20181030221426j:plain

 

「KANEDA」という日本の名前ぽいブランドですが、

大陸のメーカーだそう。笑

 

これでひと段落。

 

でも、、、

 

 

 

衝撃③

後始末はすべて客側がやる

 

 

日本では、修理のときに出たゴミは、修理業者側が持ち帰りますが、

しかし、今回は、すべて置いて行かれました。

 

f:id:manmaru_hanako:20181030221728j:plain

この写真はまだきれいなほうで・・・

 

テーブルの上は、ひどいことになってました。

 

さらに、古くなった冷房を運んだあとの廊下の掃除も自分で。

 

f:id:manmaru_hanako:20181030221936j:plain

 

これが大変だった。。。。

 

 以上、

冷房交換日記でした。

 

☀本日も最後までお読みいただきありがとうございました☀

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックいただけると嬉しいです☺ 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村