hanakoの香港日記

大好きな香港に住み始めて3年が経ちました。日々のあれこれを綴っていきます。

香港で広東語で医者にかかるとき

高熱で会社を休んでしまいました。
昨晩から身体がだるく、熱を計ったら38度。

葛根湯飲んでみましたが、時すでに遅し。。


今朝病院へ


ローカルの病院へ行くのは今回で2回目


日本と違うなぁと思ってることは、

1. 窓口で『どうされましたか?』と聞かれない
2. よって、診察室に入ってはじめて体温を計ったり症状を伝えたりする
3. 日本みたく薬局が独立しておらず、病院の中にあるからすぐに薬をもらえる


です


窓口では、
『我想睇醫生』
ngoh5 seung2 tai2 yi1 sang1

と伝えます。

すると、過去にこの病院を使ったことはあるか?とかIDはあるか?保険証は?
などと聞かれます。

香港は皆さん英語ができるので、
英語ができる方なら英語でも大丈夫


その病院での診察がはじめての場合は、
『未嚟過』とか『第一次』と伝えます。
mei6 lei4 gwo3
dai6 yat1 chi3


はじめての場合は、
住所などを記入する用紙をもらいますので、それに記入し、窓口に渡します。

あとは、呼ばれるのを待つ!



さて。
中に入ると、
『你識唔識講廣東話?』(広東語できますか?)とか『Is english better?』とか聞かれます。


廣東話の場合、
医者:『邊度唔舒服?』
         (どこが具合悪いですか)
患者:『我有発熱、肚痛、咳得好犀利』
          (熱があります。お腹が痛く、咳がすごいです)
医者:『幾時開始?』
          (いつからですか)
患者:『噙晚開始』
           (昨日の晩からです)

…などと会話が続き。

女性の場合は、妊娠してるか?アレルギーはあるか?も聞かれます。

その辺は日本と同じですね♪


あと、『使唔使攞病假?』(※シックリーブですか?)と聞かれますので、
会社に診断書を出さないといけないときは、ドクターズリポートをもらいましょう。


診察が終わると医者から紙を渡されますので、
それを調剤窓口に出します。


今回は、


4種類。


カラフル!!笑


意識朦朧としてましたが、帰りに近所の街市でパパイヤ買いました。


ハワイ産らしい。




レモン汁かけていただきました。

風邪のときは簡単に食べられる果物が重宝しますね。


※香港は、病気で会社を休む場合、ドクターズリポートが必要になります。
ドクターズリポートがないと、シックリーブ扱いにならず、お給料から休んだ分マイナスされます。
ちなみに診断書料はかかりません♪



私は小さい頃から体調崩しやすかったので、
風邪もひかず体調管理できてる人って本当にすごいなと思います。


気をつけなきゃ